タレント

古市憲寿はアスペルガー症候群?炎上商法やかつらでハゲてる噂も!

辛口発言や空気読めない問題発言などでお騒がせしている古市憲寿さんについてまとめています。

古市憲寿はアスペルガー症候群なのか、炎上商法かつらでハゲてる噂などについて言及していきたいと思います。

最後までお付き合いください。

社会学者 古市憲寿 プロフィール

本名 古市憲寿
生年月日 1985年1月14日
出身地 東京都

古市憲寿さんは、慶應義塾大学環境情報学部卒業で、さらに、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程を修了しており、かなりの高学歴です。

古市憲寿はアスペルガー症候群?

辛口コメンテーターの古市憲寿さんですが、空気が読めないことからアスペルガー症候群なのではという声が上がったいるようです。

果たして古市憲寿さんはアスペルガー症候群なのでしょうか。

アスペルガー症候群とは。

まず、アスペルガー症候群というのは、「対人関係の障害」、「コミニケーション障害」、「パターン化した興味や活動」の3つの特徴を持っています。また、言葉の発達や知的能力の遅れることがないため気づくことが困難と言われています。

対人関係の障害

対人関係の障害は、相手の考えていることを想像することができません。

その場の「空気感」や、「暗黙のルール、社会的ルール」を感じたり理解することが難しいのです。その結果、「空気が読めない人」「無神経な人」だと誤解されてしまいます。

本人には、全く悪意がないため、他の人からこのような評価を受ける理由が理解できません。

コミュニケーション障害

コミュニケーション障害は、言葉の使い方が世間的に見ると少し変わっているため、他人とのコミニケーションがスムーズに行われにくい傾向があります。

さらに、耳から入ってくる情報より、視覚的な情報の方が理解しやすいという特徴もあります。

そのため、日常的な会話についていけなくなり、適切な表現ができない場合があり、ストレートすぎる発言をしてしまうこともあるようです。

パターン化した興味や活動

決められた手順やスケジュールに強くこだわってしまい、柔軟な対応ができません。新しい人や状況、予想外の事態への臨機応変な対応が苦手である傾向があります。

予想外の事態があると、不安になったり、パニックを起こすこともあります。そのため、他の人から「融通がきかない」「わがまま」などと思われてしまうこともあるでしょう。

アスペルガー症候群と言われている原因

古市憲寿さんはアスペルガー症候群と言われてる原因として挙げられるのが、

  • 「周りの空気を読まずにズバズバ言っている」
  • 「ちょっと変わった思考を持っているのに自分はそれが普通だと思っている」

このようなことから古市憲寿さんがアスペルガー症候群なのではと疑惑が浮上したようです。

古市憲寿さんの今までの発言内容から、「社会の常識がなく」、「他人への想像力が欠如している」ことは、確かだと思いますが、アスペルガー症候群の症状とはあまり当てはまりません。

なぜなら、テレビやメディアでコメンテーターをしているのであれば、柔軟な対応や臨機応変な対応を求められるからです。

ただ単に、テレビから求められている、社会学者としての仕事をしっかりとコメンテーターとしてこなしているように見えます。

炎上商法

古市憲寿さんは、よく周りから「炎上商法ですか?」と言われるようです。検索キーワードにもたびたび出てくるようなので、実際炎上商法をやっているのか言及していきたいと思います!

このことは、2017年アベマTV『エゴサーチTV』に古市憲寿さんが出演した時にも、言及しているようです。

MCを務めるコンビ・キングコングの西野「周りから『炎上商法ですか?』って言われないですか?」と聞かれたようで、古市憲寿さんは「たまに言われます。炎上したくないし、炎上したところで本が売れたわけでもないし、わざと炎上させてるという気持ちはまったくないです」と答えたようです。

また、はあちゅうさんの炎上商法の噂について話していると、「僕もはあちゅうに対しては炎上商法でしょって思っちゃう」と答えたようです。

世間的に見たら、古市憲寿さんも炎上商法に見えますが、本人は否定しているようです。

かつらでハゲてる噂も!

古市憲寿さんはネット上で「かつら」疑惑が飛び交っています。

情報の出どころはわかりませんでしたが、髪質や髪型、カメラのアングル、うつり具合といったところから「かつら疑惑」が浮上しているようです。

また、何かの番組内で、女性アナウンサーに引っ張って確認してもらったようで、その時に「ほら、かつらじゃないでしょ」と笑いをとることもあったようです。

なので、古市憲寿さんは、かつらじゃないことがわかりました。

古市憲寿 新刊 発売「平成くんさようなら」

平成という時代を問い直すべく書かれた小説『平成くん、さようなら』が、11月9日(金)に発売されました。

古市憲寿さんは、本を色々出していますが、小説を出すのは今回初めてです。

平成と一緒にいなくなってしまう主人公。どんな物語なのか気になりますね。11月9日発売されているので是非手に取って読んでみてください。

まとめ

古市憲寿さんはアスペルガー症候群炎上商法などと色々噂されていますが、彼自身、炎上商法について否定していますし、アスペルガー症候群の症状とは少し当てはまりませんでした。

世間からは、賛否両論あるとは思いますが古市憲寿さんらしく、今後も辛口のコメントを続けていってほしいと思います。

-タレント
-, , , , , ,

Copyright© エンタメACE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.