スポーツ選手

宮原知子がブサイクすぎる?体重を増やす理由は?矯正前後の画像あり!

フィギュアスケート選手の宮原知子さんは、2017年には全日本選手権を4連覇と目覚ましい受賞歴を残しています。

また幼少期時代からアメリカにいたことから小学校の時に英検2級を取得しているようです。

そんな宮原知子さんがブサイクと言われている原因体重を増やす理由矯正前後の画像などをまとめました。最後までお付き合いください。

宮原知子のプロフィール

本名 宮原知子
生年月日 1998年3月26日生まれ
出身地 京都府京都市
身長 152㎝
所属クラブ 関西大学/木下グループ

宮原知子さんは、フィギュアスケート選手です。

宮原知子さんがスケートを始めたきっかけは、ヒューストンにいた時に近所のショッピングモールの中にスケートリンクがあり、両親に勧められて初めて滑ったら、すごく楽しかったので、それからスケート教室に行くようになったそうです。

ご両親の仕事の関係で4才から7才(小2)まで、アメリカのヒューストンで暮らしていました。

アメリカで暮らしていたことがあるので英語がかなり得意なようで、小学生の時に英検2級を取っています。今はもう1つ上(英検)を取っておきたいと思っているそうです。

それを活かし、海外遠征においてかなりの武器になっていることは確かです。

宮原知子さんのフィギュアスケートの主な実績

  • 2018年 グランプリシリーズ スケートアメリカ 優勝 平昌オリンピック 4位入賞
  • 2017年 全日本選手権 優勝 4連覇 グランプリシリーズ スケートアメリカ 優勝
  • 2016年 グランプリファイナル 2位 四大陸選手権 優勝
  • 2015年 世界選手権 2位

宮原知子さんは、2017年に全日本選手権を4連覇と目覚ましい受賞歴を残しています。

宮原知子がブサイクすぎる?

宮原知子さんが『ブサイクすぎる』と言われているようです。

しかし、フィギュアスケート選手は、演技より風貌や、女性ならば美を追求した愛くるしさが大切ですよね。また男性選手としては「格好良さ」が大きく視聴者の目に焼き付きます。

そのような美にあふれた種目なのに、なぜ宮原知子選手は『ブサイクすぎる』という噂がでたのでしょうか?

宮原知子さんが「ブサイクすぎる」と言われてしまった理由として挙げられるのが、笑った顔やしゃべっているときに見える「歯並び」です。

宮原知子さんは、歯と歯の間には、隙間があったようです。そのことから、「笑った時の顔が気持ち悪い」「歯並びが変」‥といった声が上がっています。

また、矯正していた時の方が批判の声がもっとも多かったようです。

フィギュアスケートは人間の美を象徴するスポーツですが、矯正していた頃も競技に出ていて、その姿が「ブサイクすぎる」と言われてしまいました。

他にもブサイクと囁かれている方は↓

西野未姫がブサイクで可愛くない??

小松菜奈がブサイクすぎて可愛くない??

宮原知子の体重を増やす理由とは?

宮原知子さんは、2016年1月に左股関節の疲労骨折が判明しました。2016年マイセイユのグランプリファイナルに行く前には、痛みがあったといわれています。

当初は、筋膜炎と言われていたようですが、2016年の全日本選手権後の再検査で疲労骨折が発覚しました。

宮原知子さんの疲労骨折は、練習量だけでなったわけではなく、長年にわたる栄養不足からも来ていたようです。骨折だけじゃなく健康面でも医師からドクターストップがかかったようです。

骨折による運動量が減り、栄養価の高い食事をとったことから体重がいっきに増えてしまったようです。

  • 怪我をする前の身長/体重 150㎝/37㎏
  • リハビリ最中の身長/体重 152㎝/42㎏

けがをする前とした後で+5㎏増えています。

フィギュアスケート選手は、見た目ももちろん、体形が変わることでバランスの取り方も大変と言われています。しかし、宮原知子さんは、ただ体重を増やしたわけではなさそうです。

というのも、筋肉をつける為に食事の量を増やしたり、嫌いな食べ物を克服して体重を増やしたそうです。

なぜ体重を増やさないといけないのかというと、身長と体重の比率が下回っていて、利用可能なエネルギーが不足し、運動が原因で運動性無月経骨密度の低下が生じたようです。

そのため体重を増やす必要があったといわれています。ちなみに宮原知子さんは、試合の期間中は、40㎏位を保つようにしているようです。

もともと体重が増える体質ではない為、減ってしまうと増えるのに時間がかかってしまうようです。

なので、宮原知子さん自身も気をつけているようですが、コーチも意識して気をつけていると語っています。

宮原知子の矯正前後【画像あり】

宮原知子さんが歯の矯正器具をつけ始めたのは2012年ごろから確認できています。

歯の矯正は歯の裏に器具をとりつけるタイプのものと、歯の表に器具をとりつけるタイプのものとで大きく2種類あります。

宮原知子さんは表にとりつけるタイプのものを使用していたので、どうしても歯を見せて笑う写真では器具が目立ってしまいます。

歯の裏に器具を取り付けて矯正するのに比べ、歯の表に器具を取り付けて矯正するほうが、一般的に治療期間が短くなるそうです。

宮原知子選手が歯の矯正を終えたのは2017年11月ごろではないかと推測されています。

2017年のISUグランプリシリーズ・アメリカ大会で優勝された際には、すでに矯正器具はつけていませんでした。矯正前の写真と比べてみると印象がかなり違います。

また歯並びが綺麗になることで宮原知子さん自身に自信が付き素敵な笑顔や素晴らしい演技ができているのではないのでしょうか。

宮原知子のブサイクすぎる原因と体重を増やす理由まとめ!

宮原知子さんのブサイクと言われている原因や体重を増やす理由矯正前後の画像などをまとめてみました。

宮原知子さんは、矯正していたことによってブサイクと言われたようです。また体重の増加は、筋肉をつけたことによって増加してしまいました。

これからの活躍が楽しみですね。最後までお付き合いありがとうございました。

-スポーツ選手
-, , , , , , ,

Copyright© エンタメACE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.