話題の人

山本リシャール登眞の両親の職業は?中学校はどこ?インスタ画像あり!

皆さんは、”山本リシャール登眞”くんを知っていますか?

名前だけ見ると、なんだか芸能人のようにも感じますよね。でも残念ながら芸能人ではありません。テレビなどで見ることもあるかもしれませんが、彼はとってもすごい中学生なんです。

そして、山本リシャール登眞くんの両親もとても素晴らしい職業なので、環境にも恵まれて育った彼は、なんと小学生の頃に【世界遺産検定】をマイスターまで取得してしまったスーパー中学生なんです。

世界遺産マイスターを取得した時はなんと11歳!当時の最年少記録でした。

そんな山本リシャール登眞くんについて調査しました。まだ分からないことが多いので、現段階で分かっている情報のみとなりますが、まとめてみましたので最後までご覧いただけると嬉しいです。世界遺産検定についても少し解説させていただきますので、山本リシャール登眞くんがどんなに素晴らしいかも分かってもらえると思います。

 

山本リシャール登眞くんのプロフィール

名前:山本リシャール登眞(やまもとりしゃーるとうま)

誕生日:2005年生まれ(月日は公表されていません)

出身地:フランス・リヨン

 

2020年12月現在分かっているプロフィールはここまでです。

出身地はリヨンですが、2009年、4歳の時に茨城県つくば市にきました。その後、2011年から2012年、小学1年生から2年生の1学期までは両親の仕事の関係で、ブリュッセルやリヨンで過ごしています。2012年、小学2年生の2学期からは再び日本での生活が始まり、今度は京都府に住み始めます。

山本リシャール登眞くんが、世界遺産検定を取得した時には、京都市立岩倉北小学校の在校生だったんです。

幼稚園の頃の愛読書は【世界遺産図鑑】。この頃に世界遺産への興味が湧いたようですね。その後、その興味が変わることなく、小学生となるのですが、2013年、小学3年生(8歳)の時に初めて世界遺産検定を受験します。

世界遺産検定とは、4級からあるのですが山本リシャール登眞くんは、初めての受験で4級を飛ばして3級に挑戦します。

結果は見事合格!その後の挑戦は次の通りです。

2013年、小学3年生(8歳)で世界遺産検定3級合格。(これは先ほども書きましたがあわせて載せておきます)(世界遺産正式名称や国、登録を行うユネスコなどについて出題され、日本の全遺産と世界の遺産100件出題)

2014年、小学3年生(9歳)で世界遺産検定2級合格。(世界遺産の登録方針、所在地など3級よりさらに詳しい内容が出題され、日本の全遺産と世界の遺産300件出題)※中級レベル

2015年、小学4年生(10歳)で世界遺産検定1級合格。(最年少記録)(世界遺産の価値と紐づけて各世界遺産の特徴が出題され、全世界遺産の名称と具体的な内容が出題)※上級レベル

2016年、小学5年生(11歳)で世界遺産マイスター合格。(最年少記録)(世界遺産についての専門知識が総合的に問われる試験で、これまでのマークシート式から自分の言葉で解答する記述式で出題)

世界遺産検定は年に4回あるので、小学3年生の時には2回受験しているんですね。そして驚くべきは、一度も不合格を経験することなくすべてを取得してしまったことです。マイスターの合格率はわずか0.2%という超難関なのですが、この難関を当時11歳の少年が突破してしまったってすごいことですよね。

こんな快挙を成し遂げた山本リシャール登眞くんってどんな両親に育てられたのか、とても興味があります。そこで次は、両親についてまとめました。

 

山本リシャール登眞くんの両親の職業は?

山本リシャール登眞くんの両親は、スイス人の父(セルジュ・リシャールさん)とベルギー人と日本人のハーフである母(山本クロディーヌ真理子さん)です。

父は、数学者で2013年リヨン大学のポストから名古屋大学に赴任し、特任教授として働いています。母は、国際法の研究者として活躍しています。どちらの職業も凄すぎで溜息が出てしまいます。

2人に育てられた山本リシャール登眞くんは、幼稚園児の頃から世界遺産に興味を持つのもある意味納得なのかもしれませんね。きっと家には、私たちが見たこともないような難しい本がたくさんあったのでしょうね。子供ですから、親が読んでいる本に興味を持つことも少なくないですからね。

この両親に育てられ、両親の仕事の関係で海外での生活もしていますから、山本リシャール登眞くんは、なんと言語も〈英語〉、〈フランス語〉、〈日本語〉と3ヶ国話すことができます。多国語を操り、世界遺産をマスターしている山本リシャール登眞くんの頭の中は一体どうなっているのでしょうかね?

他にも両親について気になる方は☟

☞小畑乃々の両親の職業は?

☞鈴木光の両親の職業や実家は?

 

山本リシャール登眞くんが現在通っている中学校はどこ?

世界遺産マイスターまで取得してしまったのは小学生の頃。2020年12月現在、山本リシャール登眞くんは15歳なので、中学3年生だと思うのですが出身小学校は公表されているのに、中学校は公表されていません。

現在まだ在校生ということもあり、公表しないのかもしれませんね。では、どこの中学校に通っているのでしょうか?

小学校が京都市立岩倉北小学校なので、この小学校から行く中学校を調べてみました。そのまま私立に進学していなければ、ですがこの小学校から進学する中学校は2校ありました。

山本リシャール登眞くんの居住地にもよるのですが、〈京都市立岩倉中学校〉〈京都市立洛北中学校〉がありました。とはいっても、山本リシャール登眞くんは注目されてしまいましたから、簡単に調べられてしまう学区内の中学校に進学した確率は低いかもしれませんね。

地図を見てみたのですが、学区内といってもかなり範囲が広く、岩倉中学校に関しては5つの小学校から進学する中学校で、洛北中学校に関しては6つの小学校から進学する中学校でした。中学校が少ない地域に住んでいるようなので、学区内の中学校に進学したとしたら、すぐにその情報は流出してしまいそうなので、おそらく私立の中学校に進学したのではないかと思います。

そうなると、現時点では調べることは困難です。

 

山本リシャール登眞くんのインスタ画像あり!

今やSNSは情報発信の重要なツールとなっていますよね。特にInstagramはやっている人も多いでしょう。そこで山本リシャール登眞くんのInstagramを探してみました。

残念ながら、本人は開設していないようです。よく使われている画像は、どこの画像なのかも調べてみましたが、こちらはInstagramの画像ではなく、Twitterの画像のようです。Twitterも本人のものはなく、【世界遺産検定事務局】のTwitterでたびたび画像が紹介されていました。

2020年10月13日付のTwitterでは、山本リシャール登眞くんが世界遺産アカデミーの認定講師となったことを画像と共に紹介していました。中学生が認定講師って本当にすごいと思います。

では、Instagramの画像はないのでしょうか?色んな角度から探してみると・・・ありました!

本人は開設していないのですが、同じように世界遺産アカデミーの認定講師となった人のInstagramに、一緒に写っている画像が投稿されていました。真正面に向いて立ち、ちょっとはにかんだ笑顔をした山本リシャール登眞を見つけたのですが、小学生の頃のあどけなさがすっかり消えて、大人っぽく成長していますたよ。

これは私の完全な予想なのですが、【世界ふしぎ発見!】内のミステリーハンターとして登場するので、この番組インスタにも山本リシャール登眞くんは登場するのではと思っています。今って本人のアカウントがなくても誰かのInstagramなどに載ることも出来るんですね。

 

山本リシャール登眞くんまとめ

数学者の父と国際法の研究者の母の間に生まれた山本リシャール登眞くん。

小学生の時に世界遺産マイスターを取得し、現在は世界遺産アカデミーの認定講師もつとめています。テレビにも出演することもあり、英語とフランス語、そして日本語を話すこともできる中学3年生(15歳)です(※2020年12月現在)。

本人や両親はInstagramをやっていないようですが、世界遺産検定公式サイトや世界遺産検定事務局、さらには同じように世界遺産アカデミーの認定講師の人のインスタやツイッターに画像が投稿されることもあるようです。

2021年4月からは高校に進学するはずですので、将来どんな職業に就くのか、今から楽しみです。本人の夢は「イコモス」調査員になることだそうです。イコモスとは国際記念物遺跡会議のことなので、その調査員になりたいんですね。

山本リシャール登眞くんの夢が叶うようにと応援しています。

-話題の人
-, , , ,

Copyright© エンタメACE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.