アナウンサー

石井亮次のズボンが右寄りとは?若い頃&昔がイケメン!評判悪すぎる?

元中部日本放送のアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの石井亮次アナウンサーを検索すると「ズボンが右寄り」と謎のワードが出てきます。「どういうこと?」と思い、調べてみました。

現在は、ちょっぴりぽっちゃりしている石井亮次アナウンサーですが、昔はイケメンだった説もあるので、昔の画像もチェックしてみました。

注目されているわりには、評判はあまり良くないというのも気になってしまいました。とはいってもレギュラー番組もあるので、そんなに悪いアナウンサーではないような気がするのですが、実際、なぜ評判が悪いのかもとても気になるところです。

アナウンサーになるきっかけや、経歴などもまとめましたので最後までご覧いただけると嬉しいです。

 

石井亮次のプロフィール

名前:石井亮次(いしいりょうじ)

誕生日:1977年3月27日

血液型:O型

身長:181cm

出身地:大阪府東大阪市

出身校:同志社大学文学部

職業:フリーアナウンサー

事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

 

実家がガソリンスタンドを経営していて、営業時間中はNHKラジオ第一放送や毎日放送(MBSラジオ)が流れていた影響で、小学生時代から「スポーツアナウンサーになりたい」という夢を持つようになりました。

その夢は変わることなく、大学に進学したあとの1998年には、毎日放送や朝日放送のアナウンサー試験を受験。成績は上位だったにもかかわらず採用には至りませんでした。しかし、ここで諦めなかった石井亮次アナウンサーは、翌1999年、在阪・在京・在名の各局のアナウンサー試験を挑戦し続け、2000年に中部日本放送にアナウンサーとして採用されます。

念願のスポーツ実況要因として採用され、ようやく夢が叶います。ところが、スポーツ実況ができたのは入社してから2年間のみで、その後はバラエティ番組から報道番組まで幅広いジャンルを担当することになります。しかし、各ジャンルでの評価はとてもよく2003年度、【第29回アノンシスト賞】では〈ラジオ「フリートーク部門」〉で最優秀賞を、さらに2005年度、【第31回アノンシスト賞】では〈テレビ「フリートーク部門」〉で優秀賞を受賞するなど、その実力は確実に認められました。

2013年4月1日からは、CBCテレビの情報番組【ゴゴスマ~GO GO!Smile!~】の総合司会に抜擢されます。同番組は、2020年12月現在も放送中です。

2000年4月から所属していた中部日本放送は分社化され、石井亮次アナウンサーは自動移籍の形で、2014年4月からCBCテレビ所属となりました。そして、2020年3月31日付でCBCテレビを退社し、同年4月1日からは【ジャパン・ミュージックエンターテインメント】所属のフリーアナウンサーに転身しました。

プライベートでは、2004年に一般女性と結婚し、現在は2児の父でもあります。妻の写真はありませんが、出会いのきっかけはロケで訪れた先の看板娘だったということなので、きっと美人なのでしょうね。お子さんは2人とも女の子です。

仕事もプライベートも順調な石井亮次アナウンサーですが、アナウンサーとしての仕事だけでなく、テレビドラマに出演したり、エッセイを出版したりと幅広い活躍を経験し、現在現役でフリーアナウンサーとして活躍しています。

 

石井亮次アナウンサーのズボンが右寄りとは?

順調に実績を重ねていた石井亮次アナウンサーですが、仕事で注目されるのではなく「右寄り」で注目されることになってしまいました。

ところで、この「右寄り」とはどういう意味なのでしょうか?最初、テレビでの仕事で立ち位置を間違えて、どうしても右寄りに立ってしまうことをいっているのかと思っていた私ですが、事実を知った時には、視聴者の注目度が高いアナウンサーなんだなぁと感心してしまいました。

この「右寄り」とは、実は石井亮次アナウンサーのズボンが、ぴったりと体にフィットするもので、男性にとってとても大切な局所までハッキリ分かったようです。その際、その局所が右寄りになっていたことで、「右寄り」というワードが浮上したようです。調べてみると「左寄り」になっていることもあり「中央」の時もあるようで、たまたま「右寄り」が注目されてしまったようです。

中には、確率的には右寄りが多いと分析する視聴者までいたようです。「右寄りが気になって内容が入ってこない」などの声もあったようです。番組出演者の中にも気になった人がいたようなので、かなりはっきりと分かったということでしょうね。

しかし、アナウンサーという職業はどこに注目されるか分からないものですね。石井亮次アナウンサーもまさかそんなところに注目されているとは思っていなかったでしょう。とはいえ、その後もしばらくは体にフィットするタイプのズボンを履いていたようなので、余裕があるものは落ち着かず、逆に石井亮次アナウンサーが仕事に集中できなかったのかもしれません。

 

若い頃や昔がイケメンだった石井亮次アナウンサー!

中部地方では知らない人がいないくらい有名なアナウンサーですが、全国放送に出るようになってからまだ10年までは経っていないので、私たちが知っている石井亮次アナウンサーは現在の姿という人が多いと思います。ところが、若い頃や昔は今のようなぽっちゃりではなく、スリムなイケメンだったんです。

☟昔の石井亮次アナウンサー

本人に「昔のように痩せようと思わないのですか?」と質問したところ「太ってる方が好感度が上がるからダイエットはしません」とあざとい企みがあることを告白。それをサラッと言っても嫌味がないのは、やはり人柄でしょう。

とはいっても、やはりスリムなイケメンを写真だけでなく、是非いつか実物で見てみたい気もします。それくらい若い頃はイケメンでした。

他にも昔の姿が気になる方は☟

☞矢田亜希子の昔の写真が超かわいい!?

☞山口智子の昔の画像あり!

 

石井亮次アナウンサーの評判が悪すぎるってホント?

こんなに嫌味もなく、仕事も認められている石井亮次アナウンサーですが、どうやらあまり評判がよくないという噂があります。

どう評判がよくないのかというと・・・

  • ウザイ
  • 偉そう
  • 話の中身がないことが多い
  • 面白みがない
  • 言葉の言い間違いが多い
  • 滑舌が悪い

一例ですが、こんな意見があるようです。これってアナウンサーとしての期待度の表れなのでは?と感じてしまいました。アナウンサーたるもの、言葉の言い間違いや滑舌の悪さは致命的です。

こういうところを直してほしいというのは、それだけアナウンサーとして期待しているからなのではないでしょうか。やはり、視聴者からは愛されている証拠なのかもしれませんね。

 

石井亮次アナウンサーまとめ

小学生時代からアナウンサーになりたいと夢を抱き、中でもスポーツアナウンサーを目指していた石井亮次少年。その夢は大学生になっても変わらず、数年アナウンサー試験を受け続け、中部日本放送のスポーツ実況要因として採用されました。

念願がかなったのは2年間だけで、以降はバラエティー番組から報道番組まで幅広いジャンルで結果を残します。

番組内で体にフィットしたズボンを履いていたせいで、男性にとって大切な局所の位置までハッキリ分かってしまい、それが「右寄り」だったことから「石井亮次 右寄り」というワードが話題となりました。

若い頃はスリムでイケメンだったのですが、現在ダイエットをするつもりはないと断言する石井亮次アナウンサー。その理由は「太っている方が好感度が上がるから」と嫌味なくサラッといえてしまう性格です。

評判が悪いようですが、それらの批判はすべてアナウンサーとしての期待度の裏返しのように感じました。

どこか憎めない、それでいて突っこみたくなる石井亮次アナウンサー。フリーアナウンサーになってますます活動の幅を広げ、活躍してほしいと思います。

-アナウンサー
-, , , , , ,

Copyright© エンタメACE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.