女優

山口智子の現在の顔変わった!劣化して目や鼻が悲惨?昔の画像と比較!

かつては、トレンディードラマの常連ともいわれた女優の山口智子ですが、結婚を機に少しずつ女優としての仕事をセーブし、しばらく作品に出演することもありませんでしたよね。しかし、現在放送中のドラマ【監察医朝顔】で再び連続ドラマへレギュラー出演をしています。

そんな山口智子ですが「顔が変わった!」「劣化?」「目や鼻が悲惨?」などの声もあるようです。いつまでも変わらないイメージがあった私としては驚きの声だったので調査することにしました!

果たして世間の声の通り、劣化しているのでしょうか?昔の画像と比較してみましょう♪

 

山口智子のプロフィール

名前:山口智子(やまぐちともこ)

本名:唐沢智子(からさわともこ)

誕生日:1964年10月20日

血液型:A型

身長:170cm

出身地:栃木県栃木市

出身校:青山学院女子短期大学家政学科

趣味:映画鑑賞

職業:女優

事務所:研音

 

1986年「第6代東レキャンペーンガール」でデビューした山口智子は短大在学中にスカウトされてこのオーディションに応募しました。その翌年、1987年には「アサヒビールキャンペーンガール」にも選ばれました。その後、CMやモデルの仕事をしている内に、現在の事務所である研音に所属すると、女優として活動を始めることになります。

1988年後期のNHK連続テレビ小説【純ちゃんの応援歌】でヒロイン・小野純子役で女優デビューすると、次々と話題作に出演していきます。1995年に結婚した俳優の唐沢寿明とは、この作品で義姉弟役で共演しています。

2019年前期のNHK連続テレビ小説【なつぞら】(連続テレビ小説100作記念作品)でも岸川亜矢美役で出演したのは記憶に新しいのではないでしょうか。

1989年にはドラマ【同・級・生】で沢口裕子役、1990年には火曜サスペンス劇場【魔術はささやく】で主演(高木和子役)、他にも火曜サスペンス劇場の作品では主演に抜擢されています。

1992年、ドラマ【いとこ同志】でも主演(川島笑子役)、1993年、ドラマ【ダブル・キッチン】でも主演(花岡都役)などを経て、1996年には大人気ドラマ【ロング・バケーション】に木村拓哉と共にW主演します。この作品を最後に女優業からCMなどを中心とした活動になっていきました。

そして、2019年7月からのドラマ【監察医朝顔】Season1で、久々の連続ドラマレギュラー出演となる夏目茶子役で女優復帰を果たします。2020年11月からのSeason2にも引き続き出演しています♪

 

山口智子の顔が変わった!劣化して目や鼻が悲惨?

山口智子といえば、明るく元気なイメージが強い女優ですが、しばらくドラマ出演などがなかったせいか、「顔が変わった」「劣化」などの声があるとの情報を聞き、調べてみました。

☟昔の山口智子

トレンディードラマ常連の女優だった頃は20代だった山口智子ですが、現在は56歳です。継続してテレビなどで見ていればそこまで変化を感じないかもしれませんが、長く見ていない場合、大抵「老けたな」「劣化」などと感じることはあるかもしれませんよね。

特に芸能から離れていたとしたら、そう見えてしまうこともあるかもしれません。

☟現在の山口智子

しかし、山口智子は素敵に年齢を重ねていたという印象を受けます。相変わらず、明るく元気なイメージのままですし、多少は年月の年輪を感じさせる部分はあるかもしれませんが、極端な変化は感じません。これは女優業から離れていても、常に自分磨きは続けていた証拠なのではないでしょうか。

劣化して目や鼻が悲惨だと感じた人たちもいるようですが、おそらく若い頃の山口智子を知らない人は「年齢よりずっと若くて綺麗」だと感じると思います。もちろん若い頃を知っている人でも「変わらない」と感じる人の方が多いのではないでしょうか。

他にも劣化した…と囁かれている方は☟

☞本仮屋ユイカが整形外科で老けた??

 

山口智子の現在と昔の画像を比較!

山口智子といえば主役級の役が多く、はつらつとした肌艶をイメージしていた人も少なくないでしょう。CMなどではビールを美味しそうに飲む映像などもあり、とにかく「老けない人」という印象を持っている人も多いかもしれません。

そこで、現在と昔の画像を比較してみました。

確かに昔の画像と比べると、目尻などにシワは増えたかもしれません。しかし、基本的にはほとんど変わっていないと思いませんか?

むしろ目尻のシワは、充実した人生を送ってきた証だと思いますので、素敵なプライベートを過ごしてきたのだと感じられ、ファンとしては嬉しい変化なのではないでしょうか。プライベートでは1995年に俳優の唐沢寿明と結婚しましたが、子供はいません。夫婦2人で仲良く過ごしてきたからこそ、今の山口智子がいると思うんです。

実は山口智子は幼少期、祖母に育てられたそうです。家業の旅館を継ぐことを約束されて育ったのですが、自分の人生は自分で決めたいと、あえて短大は上京して実家を離れました。そういう幼少期だったせいか、「子供ができたら自分も何かを強要してしまうかもしれない。自分には子育ては向かない」と考え、結婚しても子供を作らないと決めていたそうです。

夫である唐沢寿明は子供がほしいと感じたこともあったようですが、最終的には夫婦で話し合い、子供を作らないことを決めたそうです。

そうして常に夫婦で話し合いをして色々決めてきたからこそ、今の唐沢寿明があり、山口智子があるのだと思うと、とても理想的な夫婦だなと感じますよね。それが結果的に山口智子を老けさせなかった理由の1つなのかもしれません。

他にも顔変わったと囁かれている方は☟

☞加藤清史郎が顔変わった&変わりすぎ!?

☞蓮沸美沙子の現在の顔変わった?

 

山口智子まとめ

2020年11月2日(月)スタートのドラマ【監察医朝顔】に夏目茶子役で出演している山口智子のデビューのきっかけはモデルでした。当時の事務所から現在の事務所・研音に移籍したのち、女優として大ブレイクを果たしましたが、結婚を機に女優業を縮小し、CMなどの仕事へとシフトチェンジしました。

2019年前期のNHK連続テレビ小説【なつぞら】(連続テレビ小説100作目記念作品)で久々に女優として復帰すると、同年7月からのドラマ【監察医朝顔】Season1で月9ドラマレギュラー出演、さらに2020年11月からのドラマ【監察医朝顔】Season2でも引き続きレギュラー出演しています。

現在の顔が変わった&劣化して目や鼻が悲惨との声もあるようですが、年齢相応(もしくはそれより若い)の美しさは健在で、綺麗に年を重ねたという印象が強いと感じます。今後、女優として再び活動を始めるのかという情報は分かりませんが、女優・山口智子が本格的に復活したとしたらこれは応援せずにはいられません。

-女優
-, , , , , ,

Copyright© エンタメACE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.