俳優

細田佳央太は演技うまい!子役時代(昔)の画像も?妹や両親の職業は?

映画【町田くんの世界】で1000人を超えるオーディションで見事、町田一役を射止めた細田佳央太くん。

実は、このオーディションが芸能界入りのきっかけになったわけではなく、小学2年生の頃には芸能界に入っていました。当時は、子役モデルとしての仕事が多かったようですが、そこからずっと芸能界に居たんです。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/119891d4c38cc4eb92d08f51d26ce60c956e0bc3

といっても、やはり子役モデルはあまり有名にならない傾向がありますから、俳優としての仕事の方が断然知名度は上がります。細田佳央太くんもこの【町田くんの世界】から一気に知名度を上げました。

そして、現在は【ドラゴン桜第2シリーズ】にもレギュラー出演しているので、ご存じの人も多いのではないでしょうか。イケメンで、役に対してストイックな細田佳央太くん。今後さらに活躍する予感しかしない俳優です。

子役時代の画像や家族についても調べましたので、細田佳央太くんの芸歴とともにまとめました。

細田佳央太のプロフィール

引用元:https://yuyu0218.com/hosodakanata_koyaku/

名前:細田佳央太(ほそだかなた)

誕生日:2001年12月12日

血液型:A型

身長:173㎝

出身地:東京都

趣味:釣りについて調べること

特技:剣道、バスケットボール

職業:俳優

事務所:アミューズ

小学2年生の頃、テレビ出演に興味があることを知ったお母さんが芸能事務所に履歴書を送ったことで、芸能活動がスタートします。

現在の事務所に履歴書を送ったかどうかは調べてみたのですが確認が取れませんでした。アミューズは、主に俳優やアーティストが多く在籍している事務所なので、もしかしたら芸能活動のスタートは別の事務所だったのかもしれません。

当時は、雑誌【小学三年生】や【小学四年生】などでモデルをつとめていたようです。CMの仕事もあったようです(「首都高で行こう!」)。

俳優としてのデビューは、2014年の映画【もういちど家族落語】だそうです。役名などを調べましたが見つけることが出来ませんでした。

2015年8月にはドラマ【検事・沢木正夫3 共犯者】で沢木正夫の幼少期役。2016年にはドラマ【川獺】で須藤保役。同年6月には映画【探偵ミタライの事件簿 星龍の海】で槙田邦彦の幼少期役などで出演しました。

2017年10月にはドラマ【先に生まれただけの僕】に中村慎介役で出演し、2018年1月にはドラマ【FINAL CUT】に早川慶介(中村慶介)の高校時代役で出演しました。この作品は、亀梨和也さんが演じた役の高校生役です。

さらに同年4月にはドラマ【魔法×戦士マジマジョピュアーズ!】に邪魔彦/真加部正彦役で出演、5月にはドラマ【やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる】の第5話に出演するなど立て続けに作品に出演しました。

そして、2019年6月。細田佳央太くんの名が一気に知名度を上げた映画【町田くんの世界】に町田一役で主演します(この作品は関水渚さんとのW主演)。

町田一役はオーディションで決められ、1000人以上の応募の中から見事主役の座を射止めたのです。当時、不安のあるが楽しみでもあると語っていた細田佳央太くん。すでに現場の仕事は多少の経験があったからなのか、大物になる予感がするコメントでした。

2020年11月には映画【十二単衣を着た悪魔】に伊藤水役で出演、2021年1月には映画【花束みたいな恋をした】に水杢亘役で出演し、同年4月からのドラマ【ドラゴン桜第2シリーズ】に原健太役でレギュラー出演します。さらに6月には映画【青葉家のテーブル】に瀬尾雄大役で出演が決まっており、8月には映画【子供はわかってあげない】に門司昭平役で出演が決まっています。

引用元:https://thetv.jp/news/detail/1034070/10307403/

映画【町田くんの世界】では【おおさかシネマフェスティバル2020】新人男優賞、【第29回日本映画批評家大賞】新人男優賞を受賞しています。

2021年6月時点で、8月公開予定の映画への出演まで決まっているなんて、一気にブレイクしましたね。これだけ立て続けに出演作品が決まるのは細田佳央太くんの演技力のおかげでしょう。

細田佳央太は演技が上手い!

【町田くんの世界】出演後、多くの作品に出演するようになった細田佳央太くんですが、単に話題性だけで作品が決まっているのではありません。その演技力にも注目が集まっているんです。

引用元:https://mantan-web.jp/article/20210403dog00m200036000c.html

現在放送中のドラマ【ドラゴン桜第2シリーズ】で演じている役は、原健太という役なのですが、彼は「昆虫が大好き。虫がいるとその観察に没頭し、時には地面に這いつくばったり、飛んでいる虫を追いかけたりする」という個性がある役。実は原作にはないキャラクターで、ドラマオリジナルキャラクターなんです。

原作にあれば大体のイメージを掴むことは出来ますが、オリジナルなため、原健太というこの特徴を伝えられただけということになります。しかし、それだけで細田佳央太くんは、さまざまなキャラ設定を考え、現在のキャラを確立したそうです。この原健太のイメージに合わせるために、頭を坊主にし、体重を13㎏増やして臨んだそうです。

ドラマをご覧になった人は感じているかもしれませんが、原健太はかなり個性が強いです。説明には、特定の病名などは書かれていませんし、劇中でも明かされていません。

しかし、行動などを見ると、思い当たる病気があるという声はとても多いです。それが【サヴァン症候群】です。もちろん、その設定とは明言されていませんから、憶測の域なんですけどね。

ちなみに、【サヴァン症候群】を簡単に説明すると「特定の分野に高い能力を有するがそれ以外のことは苦手であったり出来なかったりする」という感じです。

まさに原健太はその症状にピッタリなんです。そして、そう見ている人も少なくなく、実際にその症状がある人を知っている人からも「原健太役の子、もうそれにしか見えないくらい上手い!」「知らない子だったけど演技が上手いな。これからが楽しみ」「原健太、めちゃめちゃ難しい役だと思うのに『もともとそういう人なのか?』と思うくらい違和感がない」など絶賛されているんです。

細田佳央太くんは役によって自分の中でそのイメージを作り上げてから撮影に臨むそうで、今回の原健太役もかなり考えたといっていました。それができる俳優ということですよね。まだ19歳なので末恐ろしい期待の若手俳優ですよね(2021年6月現在の年齢)。

子役時代の画像は?

小学2年生から芸能活動を開始した…と記述しましたが、その当時の画像はあるのでしょうか?

雑誌のモデルをしていた頃の記事などは見つけることが出来ませんでしたが、CM【首都高で行こう!】に出演した当時の画像は見つけることができました。とても可愛らしいですが、すでにイケメンの素質は十分ある画像です。

引用元:https://geinou11.com/14416.html

子役時代は、そこまで大きな仕事もしていなかったのかもしれませんね。【小学〇年生シリーズ】は、さまざまな写真を撮影しますから、子供ながらに「日焼けはダメ」「怪我はダメ」など規制が多く、もしかしたら他の仕事はセーブしていた可能性もあります。

俳優として2014年(当時13歳)にデビューしてからは、その実力を徐々に発揮する場がもらえたのかもしれませんね。

他にも子役時代が気になる方は☟

☞木村昴の子役時代や息子の顔画像あり!?

☞岸井ゆきのの子役時代が超かわいい!?

細田佳央太の両親の職業は?妹との仲は?

細田佳央太くんの家族構成は両親と妹の4人家族です。しかし、全員一般人のようで、情報を見つけることは出来ませんでした。

ただ、お母さんは細田佳央太がやりたいことを応援してくれて、芸能事務所に履歴書を送ってくれるような人ですから、芸能活動に関して理解があると推測できますよね。年齢や職業などはまったく分かりませんでしたが。

そして、がいますが、年齢差などは一切明かされていません。ただ、絵がとても上手で、細田佳央太くんのインスタに自粛期間中に同じものをデッサンしたものを並べて投稿しています。兄妹で同じものを描くなんて、仲が良くなければできませんから、とても仲のいい兄妹なんでしょう。

細田佳央太まとめ

引用元:https://masumiforbiz.com/hosodakanata_wiki/

演じる役によって自分なりにイメージを作り上げてから撮影に臨む細田佳央太くん。だからこそその演技は絶賛されているのでしょう。

突然出てきた新人というわけではなく、芸能活動を始めたのは小学2年生の頃からで、当時の画像も残っています。とても可愛らしい中にキリっとしたものもある、すでにイケメンでした。

家族は両親と妹がおり、妹とはデッサン対決などをするほど仲がいいようです。

作品によって、さまざまな顔を見せてくれる細田佳央太くん。今後の活躍がとても楽しみな俳優です。これからも応援していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-俳優
-, , , , , , ,

Copyright© エンタメACE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.